2013年08月17日

ミニ四駆サマートライアルに行ってきた。新橋TPF

ミニ四駆サマートライアル 2013:タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店 http://www.tamiya-plamodelfactory.co.jp/shimbashi/news/130817_mini4wd_st.htm
に参加してきました、初参戦です。
申し込んだ時点で60人の定員で補欠の8番目ででれるかなぁと思いながら言ったら参加できました!

感想から言うと走らせる回数も多くて楽しかったです!
公式の大会だと走らせられる回数は1,2回で一日潰れるという。。まぁ公式は公式で色々楽しい所もあるのですが、、
今回は、参加者54人(ぐらい?)のヒート制

5ヒートあって、毎ヒート54人でレースをして1位抜けで一次予選→2次予選→決勝と続いて各ヒートで優勝者を決めて、
最後に各ヒートの優勝者で優勝決定戦です。

まず5ヒートあるので5回走らせるチャンスがあります!僕は途中でマシンチェンジとかセッティングとか色々試せて良かったです。
あと、人数が少ないメリットとしてサクサク回る。一次予選やって二次に行く人は10人に満たないぐらい。すぐにぱーとやって、みんなで見守って見たいな感じです。レースを走り終わった後は次のレースの補助(マーシャル?って言うらしい)です。これもみんなテキパキやっててなんか素晴らしいと感じました。

僕の結果は、5ヒート中、一回だけ一次通過。。 
前半のヒートで大体セッティングは収まってきたので安定して走れてきたのですが、なぜか四週目とかで1位なのにCO...なんて事が良く有りました。といいわけ。
2013-08-17 15.36.52.jpg

初めての新橋TPFでの大会で最初緊張しましたが、すごい楽しめました!
あとシュミノバさんや新橋の夜に走らせてる人たちがたくさんいましたw。

ミニ四駆楽しい。まだまだ飽きなそうです。
posted by ヤミタケ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

はじめての研ぎだし 塗装してコンパウンドで磨く

コンデレとかでみんなが良くやってるボディをテッカテカにするの自分もやってみたい!って言う事でトライしてみました。 

ここを参考にさせて頂きました。 
http://www.1mokei.jp/html/work_02.htm 2013-07-27 00.49.02.jpg

サイクロンマグナムを大径ホイールはめれる用にカット 
↓ 
ピンクサフ 
↓ 
レッド(フェラーリカラー? TAMIYAのラッカーです) 

水性アクリル筆塗り ガンメタルで細かい所を塗る。
↓ 
デカールを張る(たくさん破りました。。。。) 
↓ 
クリア(気持ち厚めに塗ったつもり、砂吹きもやったつもり..) 
↓ 
ペーパー 1200番 
↓ 
コンパウンド 荒め → 細め → 仕上げ目。

完成品はこんな感じ
サイクロンマグナムTRF
サイクロンマグナムTRF

感想: 
-自分の顔が移る位の鏡面のテッカテカになると思いきやそこまでならない。。とはいってもテカテカしてますw 
-白のラインとかワンポイント入れたらしまりそう。。カラーセンスが感じられない。 
-コンパウンドで磨いていると角の所は色が取れやすい。この時点で塗り直しってめんどくさいと思って今回は、色が見えたらもう磨かなかったです。おそらく最初から丁寧に仕上げないと最終系も上手く行かないんだなと実感しました。 


良く聞く話しですが、やってみて経験してみてっていうのはすごい感じます! 口で言われても、実際にやってみないとわからないことはたくさんあるので、失敗あるのみ! 
とりあえず、塗装楽しいですw 
今度こそGTカーみたいなテッカテカボディを作ります! 

ちなみに次の東京大会はコイツで行く予定です。

今回使用した商品







制作行程はこちら
posted by ヤミタケ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

ミニ四駆のボディのシールをクリア塗装で保護する比較

ミニ四駆のボディにシールを張ってずっと使っていると、コースアウト等でシールがかすれて行くと思います。

たまにクリアーを吹いてシールを保護するということをしてる人を見かけます。
僕もマグナムを使っていたらシールがかすれてしまったので保護してみたいと考えてやってみました。

2013-07-23 23.12.54.jpg

左のソニックがシールを張って上からクリアーを噴いたものです。
どっちもボディ提灯で新橋で走らせて、何回もコースアウトしたりしてる物です。
まぁウイングの計上が違うから刷れてないと考えられなくも無いですが、比べてみるとクリアーを噴いたソニックの方がシールへのダメージは少ない様に感じます。さすがに強い衝撃には塗装面ごと剥げています(ソニックのウイングの尖ってる部分とか)。

マグナムの方は何もせずシールをそのまま張っただけです。すぐシールがかすれだしました。
まぁこれはこれで走り込んだ感じがしてカッコいいんですけど、クリアーでシールを保護するのは効果が一定量あるようです。

クリアーを噴いてシールが溶けるという話しも聞いていたのですが、今回は目立った所は無かったです。
しかし、相性の問題や塗料の種類によってもあり得るとおもうので他の物で試してからやることを進めます。

コンデレに出てくるようなテッカテカなマシンが作りたいのですが、そういう場合は髪のシールは使わないで塗装とデカールでなんとかするものだと思います。また、キレイに作ったボディをレースで走らせるかも躊躇するところですね。

塗装は慣れということでドンドン作って行きます。そのうち走らせるももったいない!みたいなボディも作りたい物です。



ラベル:クリアー TS-13
posted by ヤミタケ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

ボールリングマスダンパー

ジャパンカップ2013 群馬大会で先行発売したボールリングマスダンパーを買ってきました。


 

ダンカンレーサーで販売されたパワーバー?っぽいですね。 東北式ダンパーとか振り子式のマスダンパーを付けれる様になるっぽいです。中身はこんな感じでした。 

2013-07-14 20.29.55.jpg
とりあえずFRPが変なプレート.... でもウェイトを調節できたりするので、
これからマスダンパーのセッティングがたくさん出てきそうで楽しみですね!

僕はフロントのマスダンパーで上にビスを伸ばすのが嫌だったんですけど、一回フロントに付けてみました。
何となく不格好だけど、上からカウルとか付けたら良いかも。。。。と考えてみたり。
2013-07-15 00.23.22.jpg

パワーバーは色々な使い道があるので、色々選択肢が広がって楽しそう。
ついでにサスとかにもチャレンジしていこうと思います!




ラベル:マスダンパー
posted by ヤミタケ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップ2013 群馬大会 結果

調子に乗って群馬大会も行ってしまいましたw

2013-07-14 11.00.42.jpg

群馬は湘南新宿ラインで一本、片道二千円越えだけど、長距離だったのでグリーン車券(750円)で行きました。
結構快適でした。本一冊読める位。。

結果は予選敗退......
前回のマグナムセイバーのリベンジっていうことで色々と対策をしていたんですが、
失敗しました。一回目はリアのマスダンがリアブレーキにめり込んで、、マスダン機能せずバーニングブリッジ手前の下りでなぜかCO

二回目はめり込まない様にスクウェアに変更、バランスはバッチリです。
2013-07-14 12.43.58.jpg

コースアウトを恐れてブレーキはぺったり、フロント2.5mリア1.5m の灰色で望みました。
予想通りヘルクライムはジャンプすらしないぐらいべったり...だったがみんな早い....故にスピード負けでした。
ストレートやカーブでは他のマシンより早かった感じでしたが、バーニング。ヘルクライム等で減速しすぎて
付いて行けませんでした。やっぱブレーキセッティングが肝だなぁと思う。

2013-07-14 15.38.54.jpg

負けて釜飯を食べて帰りました。。。。
ボールリンクマスダンパーも買えたし、また次頑張ります!

posted by ヤミタケ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

ミニ四駆に復帰して色々検索したリンク集

とりあえず、今のミニ四駆ジャパンカップ動画


 


このブログにもミニ四駆やジャパンカップで検索して来る人がいるようです。

人気も出てきたし復帰する人も多いと思うのでリンクでもまとめてみます。


子供の頃、ダウンフォースとか軽量化とか色々妄想して作ったと思いますが、

現在でも色々研究がされていて進歩しているようです。


まぁ、昔と変わらず、自分で走らせてセッティングを変えたり他人のマシンを見たりして、

色々と試しているようです。僕も妄想理論でマシン組むのが好きだったりします。


基本的にググれば「抵抗抜き」とか「提灯」とか「トレサス」とかヒットするので、

調査は程々にしてコースで走らせるのが吉だとおもいます!



とりあえずリンクのメモ

 

■勉強系

ミニ四駆改造マニュアル@wiki - トップページ http://www27.atwiki.jp/mini_4wd/


おきゃんなブログ

http://rof-factory.sytes.net/weblog_o/diarypro/index.cgi?mode=search&cond=and&word=%E3%83%9F%E3%83%8B%E5%9B%9B%E9%A7%86

 

■検証系

ミニ四駆の空力(ダウンフォース)を研究する(その1) ([の] のまのしわざ) http://nomano.shiwaza.com/tnoma/blog/archives/006977.html


■塗装系

TAMIYA 13 塗装とドレスアップ http://www.tamiya.com/japan/cms/rcstartguide/251-rcguide13.html

経験データ8 〜ポリカーボネートボディ塗装術〜  ―い〜 なうれっじ― http://peace.poosan.net/mmka/km/k8.html


■SNS

ミニ四駆ちゃんねる http://sns.prtls.jp/mini4wd/

 

■その他

ミニ四駆 グレードアップパーツ重量まとめ 〜FRPプレート編〜 - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2136292461525343301

ミニ四駆 グレードアップパーツ重量まとめ 〜マスダンパー編〜 - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2136257849058831101

ミニ四駆 グレードアップパーツ重量まとめ 〜ローハイトタイヤ編〜 - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2136284561010648301

ミニ四駆 グレードアップパーツ重量まとめ 〜2段ローラー編〜 - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2136258260359987801

 

 

とりあえず、wikiを読めばなんとなく最近の動向がわかると思います。

そこから先は走らせて楽しみましょう!

posted by ヤミタケ at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

ボディ提灯 第二弾 ソニックセイバー製作中

前回のマグナムセイバーの反省を生かしつつ。次の大会に向けてボディを作って行こうと思います。

フルカウルミニ四駆へのこだわりはなぜか止まず、
前回のマグナムセイバーはいい感じだと自分的には思っているので、改善を重ねていきます。マスダンパーを隠すボディはかなり気に入っているのでこのまま行きたいと思います。

とりあえず、フルカウルミニ四駆の弱点であるボディの重さを少しでも軽くしようと頑張ります。
マグナムセイバークリアボディとか昔は売ってましたが、現状では売ってないです。

ボディ提灯をやる時にマグナムセイバーとソニックセイバー付いてるヤツをかったので、まだ新品のソニックセイバーが残っているので今度はそれでボディ提灯にトライです。



2013-07-02 22.33.32.jpg
とりあえず、重さを計測したら15グラムとやっぱ重い。。 
マスダンパーとか付けてるし、あまり重さは関係ないとか言われますがやっぱ重さはシビアに効いてきます。
立体なのでバランス勝負って所ですかね。

参考までに今のマシンは電池込みの重さで168グラム、すごくとはいわないけど軽めな部類だと思います。
2013-07-03 23.15.43.jpg


ということで初めての復帰後初の肉抜きにトライ。やってみた感想は難しい... キレイにやってる人をみるとホント尊敬します。
ヤスリとかピンバイスで頑張ったけど、全然キレイにできませんでした。。あと全然軽くならねぇ。。面をばこって切ればいけるとは思うんですけど、程々に強度を持たせたかったので影響少なそうな所をやってみました。
2013-07-06 01.59.17.jpg
左右対称にすることすら僕には難しくて、とりあえずシールを張ったら隠れるであろう所を多めに削りました。


もう心折れて、こで13グラムと2グラムまでしか減っていませんが、これで妥協。
次はオークションでクリアボディ買おうかな。。。。





でウイングは赤とボディはオリジナルの通りレーシングホワイト。エンジンはガンメタルとシルバーで水性アクリル筆塗り。
2013-07-06 23.59.27.jpg

ガンメタルを塗る
2013-07-07 14.17.58.jpg

シルバーを塗る
2013-07-07 14.55.42.jpg

シールを張る。それっぽくてカッコいい。。
2013-07-07 16.30.53.jpg

この後にシールの保護でクリアを吹こうか迷ってる段階です。
サイドにつけるマスダンパーの位置も以前より下に設定してみたので、軽量化(2gだけど)と低重心かの2つの効果を狙って製作中です。ホイールもソニックの黄色に使用かと色々模索中です。




posted by ヤミタケ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

ミニ四駆ジャパンカップ 2013 東京大会 大阪大会 結果

熱い夏がやってくる! ミニ四駆ジャパンカップ2013 http://www.tamiya.com/japan/cms/newstopics/2232-j-cup.html

に行ってきました!東京大会では参加者2100人越え.......
普段は2回走られるのに、ぶっつけの一回勝負。。

マグナムセイバー
たぶんこのセッティング、ブレーキは黒をリアに付けたのみ。
結果、ヘルクライムでジャンプしすぎた上にフロントが持ち上がってバク転な感じで一回転。。で予選敗退でした。

次の東京大会は8月かぁ〜と思っていたら、その日は予定がある....うぅ〜ブレーキをもう少し調整したら行ける気がしたので、
よし!っていって大阪行っちゃいましたw 
2013-06-29 23.29.56.jpg
前回の反省を生かして回収したのがコレ、リアをグレーにしてホイールスビを廃止。
フロントの重量バランスを改善する為にフロントにマスダン導入。あとARはフロンバンパーいらない!ていうのと、
フロントローラーは車軸の延長線上にあるのがいい気がしてきてそれに変更してトライ。。。

大阪大会は予選で二回走らせる機会があります。結果は,,,,, ヘルクライムはブレーキのおかげでほぼジャンプ無しにべったり、
5台中3台がCOして二台中スピード勝負では勝っててなんと、、、
2013-06-30 11.38.39.jpg
一次予選突破!!!!!

ミニ四駆に復帰して、試行錯誤する事6ヶ月、初めての予選突破で本当に嬉しかったです!
とその続きはというと、、二次予選はCOでリタイヤ...... なんでだろう。
フロントブレーキを取って、ちょっとジャンプする位にしたのですが、着地で傾いててボディ提灯力発揮せずそのままCOしてしまいました。

色々得れる物はあったので、基本的にこのセッティングでもっと色々つめていこうと思っています。
優勝する人たちはほど遠いですが、スピードも結構いい感じにでるので頑張ります!
posted by ヤミタケ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

Herokuで始めるスタートアップ

という題名にしましたが、主にHeroku( https://www.heroku.com/ )を用いてwebアプリを作って行く流れを小出しにしてネタを書いて行ければと思っておます。

今の仕事をHerokuで開発を行っていいます。
良くある簡単に作って動かすまでのブログではなく、今仕事で使っているノウハウなども紹介しながら書いていこうと思います。

僕が昔ライトニングトークした資料


--------目次(随時追加)


参考リンク:

posted by ヤミタケ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Heroku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップ用 ボディ提灯マグナムセイバー

ミニ四駆に復帰してはや5ヶ月..... いよいよジャパンカップが明日です!

暑い夏がやってくる! ミニ四駆ジャパンカップ2013 
http://www.tamiya.com/japan/cms/newstopics/2232-j-cup.html

こどもの時に往復はがきを送って参加したのをよく覚えています。
去年?からジャパンカップも復活し、ミニ四駆も復帰組の大人を中心にジワジワ波が来ている見たいです。

過去全部初戦敗退の僕ですが、、今度こそ予選通過を目指します!っていうことでボディ提灯のマシンをつくりました。
完成系はこんな感じです。 セッティングは微調整で色々変わると思います。

マグナムセイバー

シンプルに組んでありますけど、中は結構ここ数ヶ月で培ってた知識をフル総動員しています。
脱脂とか抵抗抜きとかチョビチョビやっているのですが、今回の目玉はボティ提灯です。

まず提灯の説明はここに書いてあります。
http://www27.atwiki.jp/mini_4wd/pages/58.html
一般的にこんな改造を提灯と呼びます。 機能はマシンがジャンプなどした時に跳ねさせない様にするというもの。
制振機構として マスダンパーというパーツがあるのですが、それをもっと効果的にしたのがコレです。人気で上位入賞者にも多く見られる改造です。
↓こんなの



でこの提灯ですが、見た目に対して賛否両論あります。僕も見た目が好きじゃないので敬遠していたのですが、効果としては絶大で普通にマスダンパーを付けるのに比べて、遥かにマシンが跳ねなくなります。
 shuminovaに行った時にボディを制振機構として使用している人がいて僕もトライしようとやってみました。「ボディ提灯」「(重心)ひくお」「ステルス提灯」と色々呼び方があるらしいです(明確な違いがあるのかも知れませんが、、僕は分からず)。

マスダンパーの位置的に前輪の後ろの位置が効果的で僕も提灯では無い時はそこにマスダンパーをつけていました。ボディで前輪を覆っているマシンを色々考えたのですが、思い入れもありど定番のマグナムセイバーにしました。
大会とかだとスピード重視なので、クリアーボディだったり、レーサーミニ四駆のボディが多く感じますが、こだわりのボディを使っている人も多々見られます。

まず、ボディの先頭の引っ掛ける部分を削除。
ボディキャッチの部分を削除。 
提灯が稼働した時に当たる部分をカット(主にリアタイヤとリアローラーに干渉)
FRPを切って提灯の付け根を付けれる様に固定。※始め二点でしたが弱かったので3点止めにしました。
ボディにピンバイスで穴をあけ、マスダンパーの間にゴムリングを挟んでロックナットで固定しています。
マグナムセイバー


ボディ提灯をはずした時はこんな感じです。
フロントのデカい緑はホイールスタビを作りました。17mmのスタビセットも売られているのですがホイールの方が19mmAAローラーとの差分?が少ない感じがしたのでこっちを採用しました。 新橋のコースで走らせたらガンガン当たっていて効果抜群なのですが、これはマシンのバランスが悪くてコーナで傾いているのかと悩んだり.... ※とりあえずホイールスタビで解決という事にしてます。

マグナムセイバー


ARシャーシを使っているので、ホイールの幅がマグナムセイバーとかは80mmなのですが、今回のARシャーシは82mmあります。なので横からみたら少し位置がずれているのが分かります。ARシャーシを選んだ理由は電池交換が裏側からできたり、メンテナンス性を考慮しました。ボディ提灯は固定すると外すのがダルい(ネジ2つ取るだけだけど)。

マグナムセイバー
※色々試してた時のセッティングです。

提灯が開くとこんな感じです。
マグナムセイバー

リアビュー
マグナムセイバー


何回か新橋で走らせて問題が少しずつ分かってきました。
大きく2つで、
-提灯の衝撃はでかい。
 ※提灯が作動してボディが戻る時にペチン!って大きい音がなります。一応スポンジでボディを受けるところは作っていたのですが、多めにしました。あとは後述しますが、横のずれがあって予期せぬ所にも当たっていたのでそこにもスポンジをはって対処しました。

-横の衝撃もデカい。
コレは想定していたのですが、コーナーに入るとボディが横にずれます。その為に再度にアテを作ってそれ以上行かない様にしていたのですが、ボディを削る位ガシガシ当たっていました。 当たる部分をゴムに使用と試作中です。
マグナムセイバー
スペーサーがちょうどいい大きさだったのでそれでやってたら、どうやらボディに突き刺さる感じだったみたい。

で色々合ってできたのが先頭のマシンです!明日のジャパンカップ楽しんで来ます!
マグナムセイバー

あと、みんなミニ四駆はじめようぜ,,,,,, 















posted by ヤミタケ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。